家電バーゲン
放射能測定器
楽天市場
FX自動売買




2006.〜12月

 

 

 

8月20日




 近所で、マンションを立てる工事が始まりました。

その矢先に、隣の喫茶店のドアに現れた貼り紙。






お前は南の島の大王かと言いたい。

マンションが出来上がるまでずっと休むつもりなのか。



さらに、この喫茶店は通常の一軒家を一部改装して

営業しているタイプの店ですので、

店を開こうが閉めようがどっちにしろ店主はそこの家にいるわけです。




でも、店は休む。だってうるさいんだもん。




こういうスタンスで、自分も働けたらなぁと思う今日この頃です。

工事がすんでも、この店は開かないと思う。





===追伸===




貼り紙のよくよく見てみますと、出だしの”騒音”という漢字。




×

騒○





いかにもありそうだけど、ホントは全く存在しない字を

堂々と書き出すところにも、僕は強い憧れを感じるのです。





8月19日




 研究つれぇー。超つれぇー。




 僕は大学での研究として、ちょっと変わったモーターを取り扱っております。

研究では”モーター”ではなく、”モータ”というんですが。

モーターってのはアレですネ、こう、電池をつなぐとウィーンて回るっつー、

ミニ四駆とか動かしてるやつです。あとバイブとかも動かします。

正確には”バイブ”ではなく、”ヴァイヴ”というんですが。

”ヴ”ね。”ヴ”!グヘッ!(下唇を噛みつつ、最高にいやらしい顔で。)




それで、現在研究の一貫としてモータの設計をやっているのですが、

そのために”3D-CAD”っつーパソコンソフトの使い方を覚えまして。

3D-CADというのは、分かりやすくいえば

平面かいた図形を3次元に、立体的に書き直してくれるというものです。

で、毎日毎日モーターばかり書いてるんですが、

これがまぁなんと言いますか、つれぇー。超つれぇー。もう辛すぎる。

まだまだ上手く使いこなせてないことありまして

乳としてはかどらない。や、乳ちゃう。遅々、遅々ね。

遅々としてはかどらない。乳だったらものスゴはかどるわ。

乳児の50倍は吸えるっつーの。おっぱい1つで強くなれるっつーの。

強くなれるっつーの!だから吸わせろバカヤロー!!

あああああ・・・わー!(近くの人のオッパイにむしゃぶりつきながら)



・・・
わー?(あれ?これ、教授?)(45歳・男・既婚)




・・・と、まぁ、そんなかなり追い詰められた状況に

なっていたものですから(主に教授との関係が)。

ちょっと息抜きとして、モーターではなく他のものを書いてみよう思ったわけです。

まぁ、息抜き兼3D-CADの練習といったところですネ。

で、こんなものを書いてみました。






koware megane






や、なかなかどうしていい出来。

うん。この調子でもういっちょ!







chinpo 





いやぁー研究、つれぇー!超つれぇー!(満面の笑顔で)









(毎日、こんなことばかりしてマス。)








===追伸===




あ、あの、次はヴ、ヴァギナを、作りたいなと思っているのですが

そ、その、なんといいますか、えー、その、知識、といいますか

資料といったものが極端に不足しておりまして。えへへ。

その、よろしければ、ヴァ、ヴァギナをお持ちの方がおりましたら、

1度、生で拝見させていただけますと、その、助かります。

え、ええ。はい。生で。ヴァギナを。でへ。

”ヴ”、”ヴァ”ね。グヘへー!(口から腐臭を放ちつつ)





8月18日





ジャニーズユニット、ケン&タッキー。








問題なのは、そこがケンタッキーではないということです。






8月17日




 夏、満喫してますか。



僕はといいますと、人生最後の夏休みのその八割を

なぜか研究室で過ごしております。

友人知人が、海だ花火だ恋の季節だと浮かれまわる中

1人カタカタとパソコンに向う毎日です。

しかし、窓の外からは強烈に差し込む夏の日差しと

遠く響く人々の笑い声。

そんな状況では正直何をしていても上の空でして、

口を半開きにした僕は23年間(脳内で)書き連ねてきたドラマ、

『ひと夏の過ち物語〜うっかりあの子とアソコでアレを2006〜』

想像しては薄ら笑いを浮かべ、なんとか正気を保つ日々です・・・

へへ・・・フヘヘ・・・




『ひと夏の過ち物語〜うっかりあの子とアソコでアレを2006〜』


ひと夏の出会いを求めて海へ行った天然パーマの主人公が

様々な苦難(主に心の葛藤)を乗り越えた末、

ついにはイソギンチャクとヒトデに欲情するまでの物語。

最終回、最後の難関であった”人としてのプライドを放棄”を

成し遂げた主人公がイソギンチャクを片手に

海パンを下ろすシーンは、圧巻。(ノンフィクション)




へへ・・・フヘヘ・・・



と、こんな具合でして、お察しの通り、ちょっと、ほんのちょっとだけ

おかしくなってきてまして。テヘへ。(股間のイソギンチャックを閉めつつ)

イカンイカン、このままだと僕はワールドオブあっちへいってしまうゾと

危機感を覚え、なんとか息抜きをしようと思いたちまして。

先日、危うい空模様の中、1人近所の植物園に行ってまいりました。

傷ついた心と股間を押さえて。



いやー、それにしても植物はいいですネ。

どこまでも癒される。



そこで、見つけました。





フトモモ、フトモモでございます。

みなさまご存知、みんな大好きフトモモでございます。

フトモモ科フトモモ。どこまでもフトモモ。

さらにこのフトモモ、香りが強くジャムやお酒の香り付けに使われるそうです。



    か、香りの強いフトモモ・・・!

    あ、あああ、ダメ。想像しちゃダメ。飛ぶ。意識が飛んじゃう。



フトモモの香りがするジャム。



    ちょ、ま、な、舐めてぇ・・・!

    ほんのり汗をかいた丸の内のOLの太ももに塗りたくった上で、

    超舐めてぇ・・・・!



小雨降りしきる植物園の中で、

人目もはばからずむしゃぶりつきたい衝動に駆られたのですが、

(だ、ダメ・・・!それだけは、ダメだ・・!)

と自分に言い聞かせ、なんとか踏みとどまりまして。



危うく、大切な何かを見失うところでした。

踏みとどまって、本当に良かった。




そう、今最も重要なのは、

このフトモモが”誰のフトモモなのか”ということなんです。

それを確かめずに、むしゃぶり付くわけにはいかないんです・・・!



で、これ誰のフトモモ!?

え?亀梨?!KAT-TUNの?!!

ぎゃひーーーーーーーー!いただきまんこーーーーーーー!

(すぐ死にますんで、ゆるしてください)








 

 

12月8日




居酒屋でしこたま飲んだ挙句、気持ち悪くなってしまい

便所に駆け込んでゲロをはいた。

あまりの具合の悪さにそのまま便器に突っ伏しているうちに

いつのまにか眠ってしまった。



気がつくと見知らぬ女性が背中をさすってくれていた。

ショートカットで、小さな銀のイヤリングをしたかわいらしい人だった。



僕はズキズキと鈍く痛む頭をおさえつつ、

なんとか青い顔をあげてお礼を言った。

すると、その人は少し困ったような笑顔を返してくれた。

その笑顔をみた途端、なんだか自分がものすごく情けないものに感じられ、

慌てて気丈に振舞った。



  
   本当にありがとうございます。もう、大丈夫です。

     ですから、席にお戻りになってください。

     僕も、もう少し休んだら戻りますので。      



すると、やっぱりその人は少し困ったような笑顔をみせた後、


     でも、ここ、女子便なんです。


そう言い、携帯電話で1.1.0と押した。







・・・ただいま!(豚箱!)


12月31日




パンチラしかり、ブラチラしかり、普段お目にかかれないところを

わずかながら垣間見ることができるというのが興奮を誘う。

これらに加え、今年の夏ごろから

新たに「脇」に強い魅力を感じてはじめております。


脇。それは上半身に残された最後の聖域。

幻想にかすむ桃源郷。女性の神秘がつまった宝石箱。

かの有名なギリシャ神話においては、

汗ばんだ若い女性が腕を上げて、その開いた脇から

美しいアゲハ蝶がうまれたという話があるくらいです。ありません。

そんなわけで、最近ではグラビアの写真でも

胸より尻より何より脇、脇ばかりに注目してしまい、

街中では女性の脇を凝視してはドキドキする始末。

最終的には、「…その脇、舐めたい…」という

妙な性的願望が顔を出しております。


しかし、ここは天下の法治国家日本。

道行く女性の脇を突然舐めたりしたならば、即刻逮捕は免れないのです。

わかってるのです。そんなことはわかってるのです。

だが、この胸を突き上げる性的衝動をどうしろというのだ!

ああ、なめたい…脇なめたい…!!くけっ、く、くけー!


そんな時思いだされるのは、

高校時代、バスケ部だったころの恩師の言葉。



  『…ワキなめたら、そこで試合終了ですヨ…』





恩師、ド変態。





============================================================




とまぁ、『あきらめる』の語源は『脇舐める』ではないのか?と、

日々そんなことばかり考えているうちに気づけば大晦日。

必殺・キヅケバオオミソカーであります。

これは毎年1月1日にあらわれる妖怪・ガンタンが使う

大変恐ろしい技でして、これをくらったものは

一年間をだらだら過ごしてしまい、気が付くと何もしないまま

大晦日を迎えてしまうのであります。

あひゃー、こりゃ大変だブリーッ。(ヘラヘラ笑いながら屁をぶっこいて)

(必殺技をくらったせいデス。)(ホントの僕はこんなんじゃなブブリーッ。)




てなわけで、今年一年も終わります。

『今年こそはなんかもー色々頑張って

 最後まで諦めないかっこいい男になってやるぜ!』

と、意気込んで始まった2006年ですが、

結果を見てみれば、年の最後まで脇舐めたいと呟く男になっておりました。

くくーっ、不覚!やる気は、やる気はすげーあったのに・・・

全てはヤツ、妖怪・ガンタンのせい・・・!くっそー!

色々頑張りたかったのに!来年こそは!(口半開きでニンテンドーDSやりつつ)




それではでは、一年間ありがとうございました。

みなさん、よいお年を。ガンタンには気をつけて。








2006〜5月

2007

log 一覧

コワレメガネTOP