家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン




2005.4月

 

4月2日




 雨はやんで。笑いもやんで。でも、傘は開いて。




昨夜から降り続いてた雨はいつの間にか止んでおり

道はかすかに湿った香りを残して乾き始めておりました。

開きかけた傘を閉じていると、ふと見慣れた後ろ姿。

お、あれは田中。そして湧きだす悪戯心。

田中に気づかれぬようそっと近づきまして

彼の尻の穴目掛けて傘をセット。



 
『3・2・1・射出!』



ズブリ、と挿入される傘。

ヒギッ!という嗚咽をもらし体を反り返らす男。



 
『射出成功!引き続き、展開!!』



バッサー!と、尻に刺さったまま傘を開く。

しかし微動だにしない男。



その様子があまりにおかしくて、僕は一人笑いころげまして。

笑いがおさまらないまま、ひーひー言いながら

『田中、ごめんごめん!』といいながら彼の肩をたたき、顔を見たところ。







 え、だれ?この人?







そこに立っていたのは田中じゃなくて。僕のまったく知らない人で。

張り付く笑顔。



  ちょ、え?う、ウソでしょ?田中、でしょ?田中なんでしょ?



首を横にふる、知らない人。



  じゃ、あれだ。ドッキリ。4月1日だし。変わり身の術!みたいな!



横にふる、知らない人。



 ・・・じゃ、もしかして、あれですか?

 僕、知らない人の尻に、いきなり傘さして。傘だけにさしちゃって!ぷぶっ!

 あげく、『展開!!』とかいって開いちゃいました!

 アナル、開いちゃいました!みたいな?ぶふふー!ありえねーー!

 ・・・って。こと?




頷く、知らない人。



それが、ゴングで。






血の、雨が。






===追伸===






加藤さんって言うんですって。彼。

(ありえない数の傘を刺し返されました。今日から僕は人間傘立てだそうです。)







4月6日




 表も裏も、全部好き。とか言われたい・・・!!




普段はなかなか気づかないものですが物事には様々な面があり、

ちょっと視点を変えて見てみたら新たな一面を発見。なんてことも

しばしばありまして。



昨日、ラーメン好きの友人に連れられて

近所の豚骨ラーメンの店に行ってきました。

僕はそれほどラーメンが好きというわけではないものですから

当初はあまり気乗りせず、しぶしぶ、といった感じだったわけです。が。

そのラーメン屋、

”とんこつしぼり”という製法を利用して作っているそうでして。


その、”とんこつしぼり”とやらをちょっと視点を変えて裏側から見てみたところ、






  







うんまそー!









===追伸===





(うんこの)臭みがなく、あっさりしたラーメンでした。






なんともいえないわびしい気持ちになったことはあるかい?



 22:20


 長いこと同じ歯ブラシの使い続けていましたら

ブラシの毛がことごとく外向きに広がり中心部にくっきりと割れ目が。

その様子が、ちょっと、その、さながらヤダこれ、じょ、女性器?

といった具合なもんでして。

そのため歯ブラシを見るたびにあらぬ想像を膨らませてしまい、

最近では歯を磨きつつ股間がムクムクさせる日々が続いております

い、入れて!それを、アタイのお口にいれてぇ!(泡吹きながら)(歯磨き粉です)


そんなアジアでも比較的珍しい性癖がついてしまった僕ですが、

このままではそのうち歯ブラシでチンチンまで磨きだしてしまうんじゃないか。

チンチン、輝くような白になっちゃうんじゃないのか。

という懸念が生まれたため、

新たな歯ブラシを買いに薬局へ行ってきたわけです。


で、歯ブラシを探すついでにその他の歯磨き用品も

何気なく見てまわっていたわけですが、ちょっと、あれね。歯磨き用品て。

妙にエロイ。名前がエロイ。

な、なによモンダミンて。お口クチュクチュモンダミンて。

確実に乳首甘噛みした後揉みまくってるじゃない・・・!

(たまらず自らの乳首を転がしつつ)



そんなわけで、個人的にエロイと思ったものをいくつかご紹介。





 モンダミン センシティブ


揉みます。それもセンシティブに。






 ビトイーンライオン コンパクト


バイブっぽい。






 オリジナルP


とりあえずものすごくエッチな、オリジナルプレイです。






 サキボソM


・・・お互いがんばろうぜ?な?







 豚毛350


マニアックすぎる。








誰だ!ダリだ!



 23:30


 トイレットペーパーの芯、9本です。



ここ一年一人暮らしをしてきて気づいたのですが、

僕には”何かを使い切ったあとに残るもの”が

中々捨てられないというクセがあるようでして。

マヨネーズの空容器にサランラップの芯、

豆板醤や焼酎なんかの空き瓶なんかも妙に捨てられない。

心のどこかで『これ、いつかどっかで役立つんじゃないのか・・・?』と

考えている自分がおります。

まぁ当然役立ったためしはこれっぽちもなく、

実際眼前に整然と並ぶ9本のトイレットペーパーの芯を眺めて思うことは

ああ、けっこーウンコしてきたなぁということだけでございます。



しかし、いつ頃からトイレットペーパーの芯を捨てれなくなったのか。と

考えてみますと、おそらく昨年の夏くらいからだったかと思います。

最初はただ芯を捨てるのが面倒で、トイレの中に置きっぱなしに

していただけなのですが、二ヶ月三ヶ月とそれが続いた後

気づいたらトイレの中に芯が4つ転がっておりまして。

単体じゃ大したことなくても、4つそろうとこれが不思議なもので、

お、なんかよくわからないけど中々すごいぞ?ってな具合になりまして。

思うに、今は亡き伝説のアイドルグループ・SPEEDの仕掛け人も

こういったことからSPEED結成を思いついたんじゃないかと思います。

一人トイレットペーパーにまぎれてウンコがおったけどな。



そんな我が家のSPEED、トイレットペーパーの芯ですが

あれよあれよという間にメンバーが増え、ますます捨てづらくなっております。

ちょっと、これは、あれだ。モーニング娘。まさにモーニング娘。


そんなことを考えながら、ふとテレビをつけるとそこには

本物のモー娘。の姿がありまして、それと同時に


モーニング娘=トイレットペーパーの芯=僕のウンコの一年の総量


という妙な思考回路ができてしまい

彼女たちの愛らしさを素直に楽しめなくなっております。




アイドルからの卒業というのは、こうやって行われていくのだと思います。



顔がくさい。



 25:55



 ちょっと冷静になって考えてみると

明日は普通に平日で僕は普通に大学があります。しかも健康診断。

確実にこんなことやってる場合じゃない。


それにしても問題なのは明日は尿検査があるため

おちんちんがいじれないってことです。タンパクで引っかかる。

できない、やっちゃいけないと思えば思うほど

とめどなくあふれでるリビドー。



そのエネルギーをどうにか昇華するためにも、僕は、更新、を!




を?!(行き着けのエロサイトが!更新?!)







VIVA!アジア丸出し



 25:10 26:50


 僕の研究室には、一年ほど前から妖精が住んでおります。



妖精といいましても、褐色の肌に口元に蓄えられた立派なひげ、

そしてつるっと禿げ上がった頭に強烈な体臭を放つ40過ぎのおっさんです。

”留学生”という名のおっさんです。マリオさんと言います。


この中東からやってきた謎のおっさん、相当なツワモノでして

研究室のパソコンでエロサイト見てウィルスに感染させたり

ホームシックにかかって不登校になったり

誤って自分のパソコンから謎の民族音楽を大音量でいきなり流して

研究室の時を止めたりとこれでもかと暴れまくってくれたわけです。

お前、留学生じゃなくてスパイだろ。



で、このマリオさんですが肝心の研究をビックリするほどしない。

最初の内は日本語に不慣れであるからしょうがないと思って

見ていたんですけど、それをいいことに徐々に調子に乗りはじめ。

最終的には、マイクつきのヘッドフォンを装着し

母国と音声チャットをするまでにいたったわけです。


毎晩6時をすぎ、学生が帰りはじめると研究室にこだまする

わけのわからない言語。


『ウェイ?ウェイ?マイマイ、マリオ!ウェイ?アッハッハッ!』


音声チャットし始めた当初はさすがに気を使っていたらしく

10分ほどで終わっていたのですが、慣れていくにつれ時間はのび

長いときでは40分近くしゃべることしばしばに。

まぁ向こうが慣れるだけで、こっちは一向に慣れませんでしたけど。

ちょっと、姉さん、アナタ、

30分耳元でわけのわからない言葉聞かされ続けて見なさい?

見失う。自分、見失う。どこ。ここ、どこ。たぶん、アラブ。


その後状況はさらに悪化し、音声チャットにはまり続けるマリオさん。

やがて6時からの30分では我慢しきれなくなったのか、

研究室のメンバーがみな帰ったのを見計らって再びやってきて

再度音声チャットをするようになりまして。


泊り込みで研究室にいたある日のこと。

9時過ぎにはみな帰り、1人ごそごそ実験をしてますと

11時あたりにマリオさんがのそりと現れ。

やはり来たか、と思い、僕が、こんばんは、と挨拶するとビクッと体を震わせ


『アハハ ナニシテマスカー?』



 いや、アナタがね。

 つか、前もこんなこと、あったよね?



そのままいそいそと自分の席につくマリオさん。ちなみに僕と彼の席は対面。

広い研究室で2人きり、妖精(妖怪)と、対面。

彼は最初は静かに座っていたのですが、そのうちチラチラと

こっちを見てくるようになり。ひたすらチラチラと。もう、明らかに


 (イツカエル?コノ モジャモジャ イツカエル?)


そういう視線。見ないで。こっち見ないで。



 (カエラナイノ?コノ モジャモジャ カエラナイノ?)



・・・・ムリ!アタイ、ムリ!!!

ちょっと、姉さん、アナタ、

広い研究室で2人きり、妖精(妖怪)に見つめ続けられてみなさい?

見失う。全て見失う。だれ。あなた、だれ。もしや、神!(ウンコに向かって)


さすがに耐え切れなくなった僕は、

12時過ぎに研究室を飛び出し夜食を買いにコンビニにいきまして。

時間をつぶすこと1時間。

そろそろチャットも終わってるだろうと研究室に戻ったところ


マリオ、まだ残ってて。


しかも僕が入れないようにドアに内鍵かけてやがっこのクソがああああ!

(夜食のパンを食いちぎりながら。)




そんなマリオさんという名のウィルスは着実に感染範囲を広げ続け

去年の冬頃にはついに研究室の電話回線を完全に侵食。

やがてなり始める電話。プルルル、ガチャ。



 『はい、●×大学**研究室です。』



 
『アイ ワタクシ クッパ。マリオ イマスカ。』



 ・・・あの、マリオさん・・・



 
『アイアイ。ワカッテマス。ドモダチネ!アハハ!』




 ワカッテ、マス、だと?



電話、4ヶ月間、毎日続きました。さすがに、ブチ切れた。(お尻が)




そんな研究室を荒らしに荒らしまくったマリオさんも、

今月の初めついに帰国しまして。たぶん。

たぶん、というのは僕をはじめ誰も挨拶されなかったから

確信が持てないということです。

あと、研究室のデジカメを彼に貸しっぱなしだったそうです。と、盗られた。



しかしながら、彼とともに過ごした一年間。

色々あったもののそれなりに付き合いもあり、

彼がいなくなったことによって少しだけ広くなった

研究室に少し寂しさも感じ。

こういった留学生との、異文化との触れ合いというのも

あながち悪いものじゃなかったなぁと思えるようになっております。






そして、今日。マリオさんとの思い出を胸に、

気持ちも新たに今日研究室のドアを開けたら










知らないタイ人が、4人。

今すぐかえれーーーーー!!!!!!!!(本気で泣きながら)





ふざけたつもりが殺傷事件



 28:00


ちょちょちょ、ちょっと話きいてくださいよ・・・!




  近所のコンビニ。

 パックのジュースを1つだけ買おうとレジにもっていくと、

 そこには目を真っ赤に腫らした女の子。

 
 あら、やだ。なにこの子。もしや嬉し泣き?僕にあえて嬉し泣き?

 
 なんてことは微塵も考えずどうせ花粉症だろうと思っていましたら

 やっぱりその通りでひたすら鼻水をすする、ズルズルすする女の子。

 会計の時もやっぱり鼻水が止まらず、


 『ズ、一点、ズズ、で、84ズル、円になりまズ。ズル。』

 
 といった具合でもうちょっとかわいそうほどヒドイ。

 それでも一生懸命に仕事をしてて、潤んで瞳で


 
『あの、ズズ、コヂラ、袋ズに、入れズ。マズか?』


 なんてグチャグチャになりながらも必死になって言うもんですから

 思わずこちらこそすすりましょうか?

 その鼻水、僕がすすりましょうかズルルーーー!!!




・・・って、なっちゃってもそれは仕方ないでしょ刑事さん・・・







あと甘いんすね・・・女の子の鼻水って・・・





素っ裸で捕まり死刑はねーじゃん。



 28:30



 研究室の友人の中に、性の知識にちょっと疎い人がおりまして。

その彼が先日、『タンポンってなんなの?』と質問してきたのですが

うまく説明する自信がなかったので、とりあえず



『すげー美味いよ。』



と答えておきました。(焼肉の類だと匂わせておきました。)





4月24日






 金正日 毛沢東 腸閉塞。




知り合いのお婆ちゃんは過去に一度、

便秘でウンコがたまりすぎて死に掛けたことがあるそうです。

糞づまりというヤツです。


現在、知人はそのお婆ちゃんと一緒に暮らしているのですが

糞づまり事件が起こって以来、毎日お婆ちゃんに

今日はウンコでた?と確認するようになったそうです。

ウンコでつながる家族間コミュニケーション。

略してウンコミュ。愛ですネ。


でも、僕は思うんです。年老いたとはいえお婆ちゃんも1人のレディ。

ウンコでた?と聞かれたところで、ハイ、とは中々答えづらいんじゃないかと。

それどころか下手に乙女的思考回路を持ってるお婆ちゃんだったら

『アタイ、ウンコなんかせえへんもん!お尻に穴ないもん!』

とかいい出すんじゃないかと。

へー、お婆ちゃん、アナルないんだ。かわいー。

じゃあ、これは、なにー?(かりんとうを婆ちゃんのアナルに押し込みがら)


そんな具合で、お婆ちゃんの排泄したウンコの量を

正確に把握することは非常に難しく、

このままではまた糞づまりで死にかけてしまう可能性があるわけです。

マズイ。それはマズイ。

病院のカルテに、【死因・糞づまり】て書かれるの、ものっそ気マズイ・・・!


そこでちょっと考えたんですけど、

便器に体重計の機能をつけるというのはどうでしょうか。

つまり排泄前の体重と排泄後の体重を測定しコンピュータに記録、

差し引きからウンコ量を求めるという。

で、その結果をキッチンかどっかの電子パネルに表示するようにすれば

家族はウンコミュすることなくお婆ちゃんがちゃんとウンコ出たかどうか

チェックすることができるわけです。

これで糞づまりによる死亡率は格段に減少するはずです。画期的過ぎる。


しかしながら、ウンコの量なんていうのは当人すら知らないという

ある種究極のプライバシーですから、そこらへんの問題はあると思いますが

これからますます高齢化が進み、より多角的な介護サービスが

求められる日本社会においてはわりと実用性があるんじゃないかと

本気で考えております。

本気で考えすぎて、休日がつぶれました。



ちなみに、商品名としては便器+体重計ということで

【BENKEI(べんけい)】にしようと思っております。



TOTO、INAX、TANITA等、便器・体重計メーカーその他の方で

この意見にグッときた方がいらっしゃいましたらご一報ください。(本気です。)






===追伸===




最終的には体脂肪なども計れるようにして、

日頃体型を気になさってる若い女性の方々のハートも

がっちりキャッチしようと考えております。

ほら、体重計って乗るのが怖くて、ついついおざなりになりがちですけど、

便器だったら一日一回は座らざるを得ないですからネ。完璧やで・・・!






3月

5月

log 一覧

コワレメガネTOP