楽天市場
FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪




2003.11月中旬

11月11日




『咳』なわけです。




昨日、今日と寒い日が続いているわけです。

そのせいか、風邪をひいている人が多いようです。



今朝、満員電車の中でも、風邪気味と思われるおっちゃんが

ゲホゲホと激しく咳こんでいまして。

仕方がないとは思いつつもやはりあまり気分は良くないもの。

思わず、顔をそむけたわけです。

すると、その視線の先には二十歳前後と思われる

小柄な女性の姿が。

その女性、激しく咳こむおっちゃんの姿を見ながら、

なにやら困ったような顔をしておりまして。

すると次の瞬間、口に手をあてて、小さく





『・・・ヶホ。』





わー!


か 〜 わ い 〜 ら す ぃ ー!




そうね!そうよね!人が咳してると、

なんだか伝染してくるわよね!自分も咳こんじゃうわよね!



でも、いーわー!その控えめな 『ヶホ・・・』 って!

なんかもー




『・・・好き。




みたいな感じで!わー甘酸っぱい!

あ ま ず っ ぱ い !

思い出すわ〜青春時代!あの人の、僕への告白!




『・・・キモ。




いやーほんと懐かしい!(アタイ、堪えられない!)





・・・といった具合に、その小さく咳こみ続ける女性の姿に

思わず微笑んでしまったわけです。

それと同時に、やはり咳は伝染するもの。僕の喉もムズムズ。

しかし、ここは満員電車。

思いっきり咳こみたいところを、なんとか抑えたわけです。

しかし、やはり耐え切れず・・・

漏れるように小さな咳が。





・・・ぐふっぐふっ。





満員電車で、ニヤケた面で、女性をみながら、ぐふぐふ。





違うの。咳なの。咳なのよ。

断じて、痴漢じゃないのでぐふぐふぐふふふふ。








===追伸===






で、思わず助けを求めるように例の女性を見たところ、

ものすご怯えた顔で携帯をプッシュ!




1・・1・・0?!


あらやだ!


                     
(イ)(イ)(オ)ト コ だなんて!(死刑!)






 

11月12日




『メガネ』なわけです。





全国には4500万人のメガネ人がいるわけです。(眼鏡省調べ)


そんなメガネ人にとって、永遠の課題といえるもの。

それは、ズレたメガネの直し方なわけです。



普段、何気なく行われているメガネの修正。

しかしそこには、その人の持つ人格や品性、

果ては生き様までが如実に反映されているのです。





メガネの端にそっと指をあて、

心持ちアゴをあげながら”クイッ”直す。




エベレストの如く高いプライドの中に

しっかりとした優しさを隠し持つ者。(踏まれたいヨ!)





フレームの中央に強く指を押し当て、眉間にシワをよせつつ

うつむき気味に”グッ”と持ち上げる。




圧倒的な力と自信を持ちながらも、

その心は常に弱者を思い、悩み続ける者。(どうでもいい。)





一旦メガネをはずし、あらためて”スチャッ”かけ直す。




何度も裏切られ、酷い目にあってきた。

しかし、その度全てを許し受け入れてきた。

海の如き心を持つ者。(俺、俺!)(詐欺です。)






といった具合です。

(ちなみに、使用される指も重要です。)




そして今日。

僕はある一人の男性に出会いました。

そして、その男の人生の一端を垣間見ることができました。

それは、帰宅時の電車の中。


つり革を握っている右手に

顔を近づけていき、

その右手の親指で

メガネを持ち上げる。


この男のレンズには汚れなき思いがありました。

この男のフレームには確固たる信念がありました



きっと彼には愛する家族があるのでしょう。

その守るべきモノ(つり革)を抱きしめながら、

しっかりと前を、未来を見つめる。

失敗したならやり直せばいい。やり直すなんて簡単さ。

そう、宝物を持ったその手さえあればね・・・。








そんな彼の左手はというと

ポケットの中で、せわしなく動いていたわけです。(チンコ カクナヨ!)







===追伸===




でも、なんかカッコよかったですよ!

銃口から出る煙を吹き消すガンマンみたいで!









(ちょっと真似したヨ!)




11月13日




『バレー日本女子選抜』なわけです。




美人揃いだと評判なわけです。


そんな中でも注目はやはり若手の二人。

大山加奈選手と栗原恵選手なわけです。


しかし、先日、ある友人から聞いたのですが、

今回の女子選抜の中には、試合には出ていないものの

この二人に勝るとも劣らない逸材がいるそうなのです。


名前は木村沙織。現役女子高生だそうです。

・・・!

女子高生?!

マジで?!女子校生じゃなくて?!

えーと!えーと!あー・・・!

ブルマー!

(おまじないです。)(当方、最後のブルマー世代です。)

・・・しかし

是 非 と も 

見たい。

なんとしても画像をゲットしなければ!




そして、そんな時に役立つのが

Googleのイメージ検索システム。

イメージ検索とは、打ち込まれたキーワードに該当する

画像を検索・表示してくれるサービスです。




当然、
『木村沙織』で検索。

・・・一件該当!キター!

おー!かわいい!画像はコチラ↓!











きょうは、うさぎさんと、いぬと、
くわがた?といっしょに

バレーであそびました。バゴン!(←スパイクされる犬)








・・・さすが、自称
『史上最強のイメージ検索』だと思ったわけです。





===追伸===





個人的には、栗原選手が好きなのです。

なんもー、あのホワッとした顔がねぇ〜。

で、スパイク決めた後にクシャッと見せる笑顔!

わー!

もー、スパイクされてー!

顔面にスパイクされてー!


で、オロオロする栗原選手見てぇー!

んでもって

『だ・・・大丈夫ですか?』

とか、心配されて―!






・・・うん・・・

大丈夫じゃない。(脳が)




11月14日




『日本料理』なわけです。




日本料理を見習ってみるわけです。


日本料理のすばらしさ。


それは、素材に余計な手を加えず、

その物の美味さを限界まで引き出すことにあるそうです。



それでは、どうぞ。







『第6回世界ひげ選手権』








































なんだこれ。













===追伸===





補足いたしますと、総合優勝したのは

中央のドイツ人のカール・ハインツ・ヒレさんだそうです。


























※画像に問題があればご連絡ください。対処します。

11月15日




『笑い』なわけです。




”笑い”について考えてみるわけです。

その中でも、特に”出オチ”について。


”出オチ”

場に登場すると同時に、勢いに乗って

インパクトのある風貌や一発ギャグなどで

笑いをとる、というこの手法。


早速、今日使ってみようかとおm



って、いまさら無理だよ!!






以上、本日は”ツッコミ”についてでした。







===追伸===






チンチン出して、



『出オチンチン!!』




というのにするか、悩んだわけです。

でも、チンチン出してんのはいつものことなので、

オチてない気がしたのです。



どちらにしろ、つまらなかったわけです。

ナヤンダ ジカン カエセ!(うんこをむさぼり食いながら。)(ヤケクソだ馬鹿野郎。)





11月16日




『鼻くそ』なわけです。




電車で、鼻ほじってるおっちゃんを見かけたわけです。

おっちゃん、すっごいのね。


めちゃめちゃしかめ面で、口半開き。

んで、『これでもか!』ってくらいに指つっこんでるわけです。

小鼻が『・・・無理!アタイ、こんなの入らないよ!』ってな

悲鳴をあげてるわけです。

しかしそんな悲鳴などお構いなしに、

おっちゃんはグリグリ。右へグリグリ。左へグリグリ。

うひゃー、スゴイ。

それで、その様子を一尾始終見ていたわけですが、

明らかに”鼻くそをほじる”という行為を逸脱しているわけです。

もう尋常じゃない。絶対おかしい。

・・・あ!

鼻くそじゃ・・・ないのか?

鼻くそ、ほじってるわけじゃないのか?

だとしたら・・・

もしかして・・・アレか?






ネジ?






ネジでしょ?

鼻の奥に、ネジがあるのでしょ?

そのネジが緩んじゃってんでしょ?

だから今、一生懸命ネジ締めてるんでしょ?

右へグリグリ。左へグリグリ。って締めてるんでしょ?

鼻くそほじってるわけじゃないんだ!

そうだ、絶対そうだ!







そう気付いた僕は、



そのおっちゃんに



そっと



プラスドライバーを渡したのです・・・。










そしたら、すぐ返された。でかい鼻くそついてた。



・・・お礼、なのかな?








===追伸===







みなさん、鼻のネジ回す時は気をつけてくださいね。

間違えて逆に回して、ネジがはずれちゃった日には

大量の鼻水が流れ出て止まらなくなりますから。

(当方、溺れかけました。)






11月17日




『ガム』なわけです。




電車で小太りのおばさんが、ガムを噛んでいたわけです。


これが、クッチャクッチャうるさい。すごいうるさい。

口閉じて噛んでくれれば大して気にならないものを

このおばさん、唇ひんむいてチンパンジーばりに噛むもんだから

ものすご車内に響くわけです。


クッチャクッチャクッチャクッチャクッチャクッチャ


で、ただでさえガム噛む音って不愉快なのに

加えて噛んでるのがおばさん。しかも小太り。

酌量の余地なし。死刑!

とまぁ、すくなからず殺意を覚えていたわけです。

いやーほんとムカつクッチャクッチャクッ・・・・・・・





クチャクチャクチャクチャクチャクチャクチャクチャクチャクチャクチャクチャ



・・・ホント コロスヨー。(←ユン・ソナ)




・・・いや〜、しかしスゴイわ。このおばさん。


よくもまぁ、これだけの殺意のこもった視線を受けながら

クチャクチャ食えるねぇ〜ガム・・・ガム?


・・・ガムなのか?


このおばさんが?


この子豚が?


ガム?


いやいやいやいや


ガムって面じゃないだろ。ガムじゃないよ。

ガムじゃない。ガムじゃなくて・・・







肉?







肉か?



ああ。そうか。肉か。



肉、喰ってるのか。



肉なら・・・しょうがないか・・・。









そう考えたら、少しだけ優しくなれたのです。


よくわからないけど、考え方次第で

少しだけ寛大になれることに気付いたのです。







===追伸===




でも、寛大になれたのは一瞬。

その後余計に腹たった。


電車で肉食うな!バカが!クチャクチャクチャ!(←ウンコ喰いながら)



11月18日




『四文字熟語』なわけです。




なんだか、やたらイヤラシイ感じがしたわけです。








単 刀 直 入 









音的には、『ちょくにゅう』がイヤラシイのです。



―意味―


前置きをぬきにして、直接(問題の要点に)入ること。

(広辞苑より)




ダメ!みんなダメよ!単刀直入しちゃ!

前戯・避妊は大切なのでクリクリ!(いじってます。)










クリクリ!(ねちこいです。)







===追伸===






まあ、僕の場合は



『短刀直入』



・・・バカにしおって!きしゃしゃー!(半泣きです。)



11月19日




『見かけ』なわけです。




人間、見かけじゃないわけです。

でも、やっぱり見かけで判断しちゃうわけです。



電車で、見るからにヤクザ系・町金風味の男性がいまして、

どっかりと席に座っていたわけです。


そこに現れたのは、人の良さそうなおばあさん。

ヨボヨボとその男性の前まで歩いてきたわけです。


するとその男、ニヤニヤと笑うとおもむろに立ち上がり

席を譲る素振りを見せたではありませんか!



で、思ったわけです。




・・・ばあちゃん、座っちゃダメだよ!罠だよ!

ソイツは絶対筋金入りのワルだよ!座った瞬間、

『ショーバダーイは〜らえ〜。いーちおーくま〜んえ〜ん。』

とか言ってフッカケてくるよ!マチガイないよ!




・・・しかし、おばあさんはそんなコトとは露知らず。

ぺこりと頭を下げると、ヨイショっと座ろうと・・・




その時!僕の中で正義の炎が燃え上がり!

『ばあちゃんを危険な目にあわせたくない!』という一心で、

無意識のうちに体が動いてしまったのです!


・・・そして僕は、今にも座ろうとするおばさんを突き飛ばすと、

身代わりとしてその座席に座ったのです・・・。

ふぅ、楽チンだヨ!






そしたら、ボコボコにされた。

吐くまで殴られた。









おばあさんに。





・・・に・・・にんげん、見かけじゃないわへでふ。(腫れあがった顔で。)










===追伸===






そのおばあさん。



『キョウコ。32歳。

乙女(座)。

抱いてください。』


お前かー!







11月20日




『言葉の役割』なわけです。




言葉にはそれぞれ、元来与えられた役割・意味があるわけです。

例えば、当サイトでもっとも繁茂に使われている、

『僕』『ウンコ』の二つの言葉。



まず
『僕』



『僕』は一人称であり、発言者当人のコトを

示すという意味があります。

様々な人々に使われ、使用される回数も非常に多く

言葉の中では花形的な存在といっていいでしょう。



それに対し
『ウンコ』

いわゆる、ウンコ。またの名をウンチ。汚物代表。(代表。)

使用される回数自体は多いかと思われますが、

使用者は偏ってます。かなり偏ってます。

また、そのものの意味するモノから

『ウンコ』というその言葉自体すら敬遠する方も多いでしょう。

いわば日陰の存在。不遇の人生。ウンコ生。(生ウンコではナイヨ!)





・・・とまぁ、生まれもった各々の役割・意味のせいで

ここまで扱いが変わってしまっているのです。



で、思ったわけです。

天然パーマは思ったわけです。


ウンコ、かわいそうじゃない?

たまには、チヤホヤされてもいいんじゃない?

一日くらい、いい思いしてもいいんじゃない?




そこで、今日だけ
『僕』『ウンコ』の役割を

交換してあげることにしました!


さぁ
『ウンコ』よ!今日のお前は一人称!言語界のスター!

思う存分スポットライトを浴びるがいい!

さぁ行け!行くのだ!










今日 ウンコは 僕を 踏んだ。 ついてない。







ふざけるな!ウンコの分際で!










・・・あ。





つい・・・

・・・思わず・・・ね?










===追伸===







今日学んだこと。


”分相応”






・・・人生の真理に触れた気がしたのです。



・・・ありがとうんこ。