FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS




天然パーマの叫び2【串】

 



『テンパ』なわけです。




天然パーマ、略してテンパなわけです。

当方、テンパであります。メガネもかけてます。

変態っぽいですか。そうですか。

パンツとかは好きですよホホイ(変態です!)


今日はそんな話(違います。)。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





大学に入って間もないあの日、

ようやくできた友人たちとともに、始めて飲みにいったわけです。

飲み始めた当初は、お互いまだそんなに仲が良いわけではなかったので

あまり盛り上がることもなく、ウワベだけのトークが続いていました

しかし、当然酒が入ってくるにつれ、徐々に打ち解け始め

次第に赤裸々な互いの気持ちが出始めたわけです。



そんな状況の中で一人、

俺のテンパに過剰な興味を持つ男があらわれまして。

その男、俺のテンパを


ジロジロと眺めてみたり、

引っ張ってみたり、

引っこ抜いてみたり、

使ってるシャンプーをきいてきたり、

お尻をさわってきたり、

その上ヤラシイ言葉をかけ、

『今夜どう?』とか言ってきたり

したわけです。



まぁ少なからずカチンときてたのですが

大人の笑顔で流していたわけです。



するとその男、そんな投げやりな態度が気に障ったのか、

突然焼き鳥の串を握り締めたかと思うと、

いきなり刺してきやがったのです!




俺に!




俺の頭に!







・・・・・さ す が に






キレましたね。(お尻が)





が、予想外なコトにその串が

びっくりする程ちゃんと刺さってまして。

刺さったくしは微動だにせず。

刺された俺も微動だにせず。



で、当然、


一同爆笑。








・・・完 全 に






キレましたね(お尻が)






そして俺は・・・




苦笑い!(テンパですから!)



いやだってさ、理由はどうあれ

場が最高に盛り上がってんのよ?

そこに水を注すようなコトがアタイにできて?

テンパのアタイにできて?

フィリピン ノ オンナ ナメンナヨ!!

と、まぁキレるにキレられず。

そんな状況で。

俺は、怒りでぶるぶる震えるコブシをぐっとおさえ。

そのコブシで股間をぐっとおさえ。

あっ、きもちいい・・・。





で、そんなこんなしてるうちに

さらに調子にのった奴があらわれ。

で、こんな発言。





『ワリバシ投げたら、刺さるんじゃね?!』





と た ん に 




『パ・ジェ・ロ!パ・ジェ・ロ!』

大コール!





さ す が に




ふざけるなと。




俺の頭はダーツかと。




ワリバシ、そばメシついてるじゃないかと。




パジェロパジェロて何事だと。




むしろ確実にタワシだと!(テンパですから・・・)




そして俺は





苦笑い!!(テンパですからぁ!)



そんな俺の心境に一人気付きまして。

いい加減にしとけよ、的な発言がポロリ。

にわかに熱気が冷めていったわけです。

俺も落ち着きを取りもどしたわけです

が、







今度は

『ゴメン』『やり過ぎた』『悪気はなかった』

一転謝罪ラッシュ!




あーヤバイヤバイ!





逆 に イ タ イ 。



場は盛り下がり、

俺に突き刺さる同情の視線。(と、焼き鳥のくし。)



・・・・ぅっわぁ・・



『ほんとゴメン』『マジ謝る。』



ぁぁぁぁあぁ・・



『すまん、許してくれ。』『調子乗りすぎた』



ぁぁぃぃ痛い、



『・・・ゴメンな』



痛いよぉぉぉおおぁおぁお!!!












(・・・・
ぷつん!)








・・・・・・・











そして僕は、










笑いながら、











自らの手で、









髪の毛に



わ り ば し を 付 き 刺 し た 。











メガンテ!









===追伸===





家に帰って、風呂に入ったところ、





ポトリと。頭から。そばめしが。






ポロリと。目から。涙が。







 

コワレメガネTOP